資格関連の雑知識

資格取得に直接あるいは、間接的に関連する話題を掲載。資格に関する一般的な知識として知っていると資格取得に少し役立つかなと思われる話題ばかりです、これから資格を取ろうかな、どんな資格が自分には合っているのかな、など、まだ取得する資格を決められない人にはお勧めの話題です。

資格取得こぼれ話エントリー一覧

資格取得には、メリットがある

難易度の高い資格を取得する程メリットがあるものです。資格取得から、就職や転職を考えている人、趣味の資格や資格取得マニアの人など、資格取得の目的それぞれでメリットの受け取り方も変わってくるものです。資格を生かして就職や転職を考えている人も、趣味の幅を広げるために資格を取ろうと考えている人も、向上心にあ...

続きを読む

就職、転職、再就職に役立つ資格

資格を取って再就職を考えている人の多くが頭を悩ますのは、その資格が本当に転職に就職に役立つのかどうかということでしょう。残念ながら、どのような資格でも取得したからといってすぐに転職、再就職や、就職に結びつくわけではないという点には注意が必要です、新たに人を雇おうとする会社も資格だけでなくその人(人間...

続きを読む

国家資格と民間資格の違い

資格には国家資格と民間資格とに大別することができます。国家資格とは、国が定めた要件によって試験等を行い個人の知識や能力あるいは技能を判定し、試験に合格した者に特定の職務に従事する資格を付与するものとなっています。国家資格には法律による裏付けがあり民間資格は法律には無関係です、ここが国家資格と民間資格...

続きを読む

派遣社員のお仕事にホームヘルパー

最近、テレビや新聞を見ていると、派遣社員に関するニュースがよく取り上げられています。派遣社員の切り捨てが大手企業で次から次へと実施されているという話題の中で、派遣社員を、ホームヘルパーにしようとする国の動きもあるというニュースも時々目にするようになってきました。介護保険がスタートして以来、訪問介護の...

続きを読む

保育士資格と保育ママ

「保育ママ制度」とは、子育て支援サービスの一環として2008年11月に国会で可決された、自宅で3歳未満の乳幼児を預かる制度のことで、一定の研修を受講した人を保育ママとして、自治体が認定し、国の補助金などによって運営されます。保育ママの制度は、2009年4月から施行され、これまでの、保育士や看護士の資...

続きを読む

医療関連資格のいろいろ

医療関係の資格には、多くの種類があり、その難易度は資格によって大きく違っています、また、資格によっての働き先も全く違います。一般的によく見聞きする医療系資格には、医師、歯科医師、看護師、救急救命士、薬剤師、助産師、保険師、歯科衛生士、あんまマッサージ指圧師など、人によっては、普段からよくお世話になっ...

続きを読む

医療事務関連の資格

医療事務とは医療機関における事務職のことですが、実際にどんな仕事をする職業なのかご存じですか?医療事務の仕事には、資格取得が絶対条件というものではなく、資格を持っていなくても医療事務の仕事をすることはできるのですが、資格を持っていれば就職や転職で有利になります。医療事務の資格は、ほとんどが民間資格で...

続きを読む

看護師資格取得で専門看護師と認定看護師

看護師の仕事をするためには、看護師国家試験を受験し合格しなくてはいけません。看護師国家試験を受験するには、高校の看護科、看護専門学校、看護大学(短大)などで学び、卒業しなくてはいけません。看護師の仕事をするには、看護の学校を卒業しただけではだめで、看護師国家試験に合格しないといけないのです。といって...

続きを読む

薬剤師の資格と勉強法

薬剤師の資格を取得すると、仕事に困ることはないといわれていることをご存じですか。薬剤師として仕事をするためには、大学などの薬学部を卒業し、資格試験に合格しなくてはいけません。大学の薬学部は、医学部と同様の勉強期間が必要になったことで、2006年から6年制になりました。薬学部が6年制になったことにより...

続きを読む

歯科技工士資格取得には

歯科技工士の主な仕事は、入れ歯や差し歯を作ることだというのはご存じでしょうね。歯科の全般的な知識が必要である上、手先の技術が必要な仕事で、人一倍器用さや根気強さが要求される仕事といえます。人工物で入れ歯や差し歯などの歯の代わりになるものを作るのは、工作感覚でものを作るのとは違い、場合によっては人の健...

続きを読む

資格取得と資格商法

就職難と言うこともあるのだと思いますが、最近、学生さんを目標にした悪質な商法を良く耳にします。それは、「就職に有利」だとか、「就職活動で必要」だとか言う謳い文句で「資格取得」などの教材の契約を高額で迫られる悪徳商法が増加しているという事です。高額な契約をすると、当然、支払いも高額になります。支払いに...

続きを読む