スポンサードリンク

国家資格と民間資格の違い

資格には国家資格と民間資格とに大別することができます。

 

国家資格とは、国が定めた要件によって試験等を行い個人の知識や能力あるいは技能を判定し、試験に合格した者に特定の職務に従事する資格を付与するものとなっています。

 

国家資格には法律による裏付けがあり民間資格は法律には無関係です、ここが国家資格と民間資格との大きな違いと言えます。

 

民間資格といっても、公益法人や商工会議所等の公の機関が主催しているものから、民間企業や、私立の学校(専門学校等)が運営しているものまで民間資格は幅広い分野に渡ってがあります。

 

国家資格は、試験に合格することで、知識や技術あるいは技能が一定水準以上に達している有資格者ことを国によって認定されるものです。

 

業務遂行のために資格習得が必須条件となっている業務独占資格(弁護士等)や、有資格者だけが名乗ることを認められている名称独占資格(中小企業診断士等)、特定の事業を行う際に有資格者を置くことを法律で義務づけられている設置義務資格などがあります。

 

国家資格は取得が困難ですが、職業的な地位を国が保障してくれます、また、国家資格を取得すれば社会的な信用度も高くなります。

 

国家資格といっても全てが取得困難な資格ばかりではありません、中には講習を受けるだけで取得できる資格もあります。

 

民間資格は、民間の団体や民間企業が、独自の審査基準を設けて任意で認定する資格のことです。

 

民間資格でも資格によっては国家資格や公的資格と同様に知識や技能があるものとして広く一般に認知されている資格や、直接職業に結びつく民間資格もあり、世間に認知されている資格の信用度や、資格価値の水準が高い資格ほど取得が困難になっているのが現実です。

 

しかし、法律によって制度化されていない民間資格の中には、資格の有効度などに疑問符がつくこともあります。

スポンサードリンク