スポンサードリンク

医療関連資格のいろいろ

医療関係の資格には、多くの種類があり、その難易度は資格によって大きく違っています、また、資格によっての働き先も全く違います。

 

一般的によく見聞きする医療系資格には、医師、歯科医師、看護師、救急救命士、薬剤師、助産師、保険師、歯科衛生士、あんまマッサージ指圧師など、人によっては、普段からよくお世話になっている資格があります。

 

また、表にはあまり出てこない医療の裏方で働くための資格には、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、臨床工学技士などがあります。

 

医療関系の仕事を目指すのなら、避けることのできないのが、資格を取得することです。

 

医療関係の資格でもっとも資格の取得が困難と言えるのは、やはり医師になるための資格です。

 

医師として働くためには、大学の医学部で学び、医師になるための資格を取得する必要があり、医師資格を取得する前に、大学の医学部に合格しなければいけないという難関があり、最も難易度の高い資格と言えます。

 

同様に、歯科医師も難易度の高い資格と言えますが、大学へ入るための入学試験の難易度が医師のそれに比べると低いといわれています。

 

救急救命士は、人の命を預かる最前線で働くための資格で、場合によっては、医師以上に人の命を左右する非常に責任の重い仕事と言えますが、その資格の難易度はあまり高くなく、合格率は8割前後といわれています。

 

薬剤師は、薬学部で学ぶ必要があるのですが、国家資格試験合格率は、救急救命士と同じくらいです、しかし、薬学部に入学できなければ資格取得ができないので、難易度はそれなりに高いと言えるでしょう。

 

医師、歯科医師、薬剤師を除く医療系の資格は、専門学校や大学を卒業して国家試験に合格すれば取得できる資格で、専門学校や大学での勉強を怠けたりしなければ国家試験に合格できる程度の難易度だと言われています。

スポンサードリンク