スポンサードリンク

医療事務関連の資格

医療事務とは医療機関における事務職のことですが、実際にどんな仕事をする職業なのかご存じですか?

 

医療事務の仕事には、資格取得が絶対条件というものではなく、資格を持っていなくても医療事務の仕事をすることはできるのですが、資格を持っていれば就職や転職で有利になります。

 

医療事務の資格は、ほとんどが民間資格で、医療関連資格の中では、難易度は比較的低い資格と言えます。

 

大学卒業などの受験資格がなく、誰にでも、ある程度の努力をすれば取得のチャンスがある資格と言えます。

 

医療事務の代表的な資格である「医療事務士」は、病院の受付業務や診療報酬請求事務などに必要な知識や技能を有する人に与えられる資格です。(財)日本病院管理教育協会の指定する学校を卒業し、(財)日本病院管理教育協会が行う資格試験に合格する必要があるため、難易度としては中の下といったところでしょうか。

 

病院の各科で、カルテなどの情報管理を行う「医事管理士」の資格を取得する場合も、医療事務士と同様で、(財)日本病院管理教育協会の指定する学校を卒業し、資格試験に合格しなくてはいけません、難易度的にもほぼ同様と言えます。

 

「医療事務士」と「医事管理士」の業務を合算する広範囲の仕事ができる資格に「医療事務管理士」がありますが、医療事務管理士には受験資格がありません。

 

医療事務管理士は、受験資格に縛られない分、誰にでも受験できるのですが、長い歴史に裏付けされた信頼度で、医療機関からの評価も高いものがあります。

 

資格取得のための試験の難易度は、それほど高いとは言えませんが、実技試験があり、合格するためにはそれなりの経験が必要になります。

 

医療事務系資格で最も難易度の高い資格と言えば、「診療報酬請求事務能力認定試験」ではないでしょうか。

 

診療報酬請求事務能力認定試験には、受験資格がないため多くの人が受験するのですが、合格率は、医科で3割弱、歯科で4割弱と難易度が高い分、資格を取得すると、大変有利だと言えます。

 

診療報酬請求事務能力認定試験に合格して、この資格を取得するかしないかでは大きな違いがあるので、医療事務の仕事を目指すなら、ぜひチャレンジしてみましょう。

スポンサードリンク