スポンサードリンク

薬剤師の資格と勉強法

薬剤師の資格を取得すると、仕事に困ることはないといわれていることをご存じですか。

 

薬剤師として仕事をするためには、大学などの薬学部を卒業し、資格試験に合格しなくてはいけません。

 

大学の薬学部は、医学部と同様の勉強期間が必要になったことで、2006年から6年制になりました。

 

薬学部が6年制になったことにより、薬剤師の地位は、いっそう向上し、就職や転職にも非常に有利となっています。

 

薬剤師として仕事をするためには、薬学部を卒業しただけではなれず、「薬剤師国家試験」を受験し合格しなければいけません。

 

薬剤師国家試験の合格ラインは毎年のように上がっており、近年では、ますます難関となってきています。

 

国家試験の内容は基礎薬学、衛生薬学、薬事関係法規及び薬事関係制度、医療薬学の4科目と総合問題からの出題となっています。

 

薬学を学んだ、新卒者の合格率は約85%弱で、新卒者以外の合格率は、50%弱となっています。

 

薬剤師の資格を取るための対策は、学校を卒業後の一発合格を目指すことで、一に勉強、二に勉強で、在学中に充分知識を習得しておくことです。

 

また、薬剤師国家試験合格に狙いを絞った勉強が必要で、大学でのカリキュラムをこなすだけでは、薬剤師国家試験に合格するのは難しいと言えます。

 

なぜなら、薬剤師国家試験合格を目指す人のための専門的な予備校があることからも、その難易度が推測できると言えます。

 

大学のカリキュラムをこなしながら、予備校で薬剤師国家試験の傾向と対策を学ぶことで、薬剤師国家試験一発合格も現実のものとなり、薬剤師になるための近道となるのではないでしょうか。

スポンサードリンク