スポンサードリンク

歯科技工士資格取得には

歯科技工士の主な仕事は、入れ歯や差し歯を作ることだというのはご存じでしょうね。

 

歯科の全般的な知識が必要である上、手先の技術が必要な仕事で、人一倍器用さや根気強さが要求される仕事といえます。

 

人工物で入れ歯や差し歯などの歯の代わりになるものを作るのは、工作感覚でものを作るのとは違い、場合によっては人の健康をも左右する仕事と言えます。

 

歯科技工士になるために国家資格が必要なことからも、歯科技工士における歯科の知識や技術が必要であり、その重要性がわかると思います。

 

歯科技工士資格試験の内容は学説試験と実地試験で、学説試験では解剖学、有床義歯技工学、歯冠修復技工学、矯正歯科技工学、小児歯科技工学、顎口腔機能学、歯科理工学、法規の8つの科目から出題されます。

 

実地試験では全部床義歯の人口歯配列と歯肉形成とカービングが必須となっていて、さらに任意問題も出題されます、任意問題は、年度や都道府県によって違う問題が出題されます。

 

歯科技工士試験の合格率は90パーセントほどで、歯科技工士資格試験を受験するには歯科技工士学校に通うことが必須条件となっているため、誰でも簡単に受けられるという資格試験ではありません。

 

合格率が高い理由として、歯科技工士学校に通うことが必須であることが上げられるようです。

 

逆に言えば、歯科技工士試験は学校に通って、まじめに勉強すればほぼ合格できる資格だと言えます。

 

歯科技工士になるための学校、養成所の多くは受験対策のために通うようなものではなく、きちんとした専門学校で、仕事の合間に通って勉強しようといった性質のものではなく、2年間腰を落ち着けて勉強し、歯科技工士試験の合格後、歯科技工士としての仕事ができるだけの知識と技能を身に付けることができます。

スポンサードリンク