スポンサードリンク

就職、転職、再就職に役立つ資格

資格を取って再就職を考えている人の多くが頭を悩ますのは、その資格が本当に転職に就職に役立つのかどうかということでしょう。

 

残念ながら、どのような資格でも取得したからといってすぐに転職、再就職や、就職に結びつくわけではないという点には注意が必要です、新たに人を雇おうとする会社も資格だけでなくその人(人間性)を考慮したり、過去の経歴や、学歴を重視するところもまだまだ多く存在します。

 

それでも過去の経歴や、学歴が同じようなものなら資格を取得していることは有利に働くことには間違いがありません、そこで、転職、再就職や、就職に役立つ資格を少し例にあげてみました。

 

IT(コンピュータ関連)資格

  1. 基本情報技術者::コンピュータ関連の中で最も受験者数が多い国家資格試験で、コンピュータ科学基礎・コンピュータシステム・システムの開発と運用・ネットワーク技術・データベース技術・セキュリティと標準化・情報化と経営など多岐にわたる範囲での試験が実施されます。

  2. プロジェクトマネージャ::システム開発計画を円滑に運営する責任者としての資格で、将来性の注目度も高く、難易度が高い資格です。
    業務プロセス管理能力、チームマネジメントなど人を動かす能力を求められる資格です。

語学・営業系資格

  1. TOEIC::TOEICは、英検やTOEFLなどに比べ、より実践的な話すこと、聞くことなどの英語力が試され職に就くには有利です。

  2. 中小企業診断士::中小企業の経営課題に対して適切な助言を行う仕事で、転職・独立に向けた専門職としてのニーズも高いのですが、中小企業で働いている人でも充分に活用できる資格です。

事務系資格

  1. マイクロソフトオフィススペシャリスト::それぞれの社員がいかにパソコンを使いこなせるかが業務の効率化の鍵を握る事務仕事ですが、現在注目を集めるパソコン資格です。

  2. 社会保険労務士::中規模以上の企業の総務部・人事部から切望される資格で、事務系の就職、転職を考えている人にとっては大変有利な条件となる資格です。

 

まだまだ、たくさんの資格がありますが、これから就職や転職を考えているのなら、あなたの資質を見直して、技術系が合っているのか、事務系がいいのか、当サイトの情報で検討してください。

スポンサードリンク