保育ママについて

少子化なのに足りない保育所。共稼ぎをしないと生活できない若いお父さんお母さん。できるものなら、子供を自分の手で育てたい親でも、生活のためには働かなければいけないという現実があります。働きたい親は、子供を保育所に預けたい、でも、預けられない、特に、都会では、保育所の空き待ちの子供、待機児童が増えていると言う現象があります、そこで、最近、注目を集めているのが、保育ママです。保育所に入れるまでの間でも、保育ママが預かってくれると大変助かるという親は多いようです。地方自治体が主体となってやっているこの制度、保育ママ制度というのはいったいどのようなものなのか、保育ママになって収入を得るにはどうすればいいのか等々、保育ママの実態について調べてみました。

保育ママについてエントリー一覧

保育ママの制度とは

全国的には、少子化の影響で子供の数が年々減少傾向にありますが、都市部では保育所への入所を希望しても入所できない、いわゆる待機児童の数が増加の傾向にあります。両親が仕事をしている都合でどうしても保育が困難である場合や病気で加療中につき保育することが難しい場合などに保育所に預けることができないため、地方...

続きを読む

保育ママになるためには

保育所に入所することのできない児童を自宅で預かる保育ママ制度は、待機児童が多い都市部を中心にニーズが高まっています。子供を預ける保護者にとってみますと、少人数の家庭的な雰囲気の中で自分の子供を預ける安心感が何よりも人気の秘密だといえるでしょう。可愛(かわい)い子供と触れ合い、子供の両親からも感謝され...

続きを読む

資格はいるの、いらないの

仕事や病気などにより子供を保育することが難しい両親に代わって、自宅などで子供を保育する制度である保育ママ(家庭福祉員)制度は、保育所の待機児童の増加に伴い全国的に広がりを見せています。家庭的な雰囲気の中で大切な子供を預かってもらえるとあって、保護者のニーズも高まっています。保育ママになるために必要な...

続きを読む

具体的にどんな仕事なの

保育ママとはどんなお仕事をする職業なのかといいますと、お仕事や病気などが理由でお子さんを保育することが困難なお両親に変わり、自宅や自治体の施設において温かい雰囲気の家庭でお子さんを保育するお仕事です。一般的な保育所や保育園などとの違いは、少人数制で自宅などのスペースを利用してお子さんを預かるいわゆる...

続きを読む

労働時間はどれくらい

保育ママいわゆる家庭福祉員のニーズは年々高まっており、制度を導入する自治体も増えてきています。保育ママの仕事に関心があるという方も増えていますが、気になるのが労働時間ではないでしょうか、そこで、保育ママの労働時間について調べてみました。自治体によって制度が異なりますので、労働時間もどの程度になるのか...

続きを読む

どれくらいの収入になるの

保育ママのお仕事は、お子さんを預ける親御さんから感謝されて、すくすくと育つ、かわいい子供の成長を直(じか)に見守ることができる素晴らしい仕事でとてもやりがいのあるものでしょう。でも、仕事としてやるかぎり収入がどのくらい見込めるのかということは気になるところではありませんか。実際にどのくらいの収入を得...

続きを読む

保育所と、どう違うの

保育ママと保育所はお子さんを保護者に代わって保育するという点では同じですが、違う点も幾つかあります。最も大きな違いは、保育ママは一人から三人という少人数のお子さんを保育ママ一人が自宅で預かるというスタイルに対し、保育所はたくさんの子供たちを複数の保育士が預かっています。保育所はたくさんの子供がいます...

続きを読む

できることと、できないこと

保育ママは保護者に代わって幼い子供を預かって保育をする仕事ですので、とても大変だと思います。「子供が好き」という理由だけではなかなか難しい仕事内容だといえるでしょう。でも、それ以上にやりがいのある職業でもあるのも事実です。まずは、保育ママとしてできることとできないことを事前に把握しておくことが大切で...

続きを読む

病気の子供も預かるの

まだ幼い子供を仕事や病気のために保育することが難しい保護者にとって、子供が病気に罹(かか)ってしまうことはできるだけ避けたいものです。大勢の子供がいる保育所などでは、風邪やインフルエンザ、はしかなどが流行しやすいので誰(だれ)かがこれらの病気に罹ってしまうと周りの子供たちにまで感染してしまうことにな...

続きを読む

保育ママ制度の問題点は

保育ママ制度は、待機児童の解消や家庭的な雰囲気の中で子供を保育するという大きなメリットがありますが、幾つか問題点があることも事実です。保育ママは保育所とは違い、自宅で子供を少人数預かるものです。少人数とはいえ自宅で子供を預かるのですから、子育てに必要なスペースが十分確保されていることが条件となります...

続きを読む