スポンサードリンク

具体的にどんな仕事なの

保育ママとはどんなお仕事をする職業なのかといいますと、お仕事や病気などが理由でお子さんを保育することが困難なお両親に変わり、自宅や自治体の施設において温かい雰囲気の家庭でお子さんを保育するお仕事です。

 

一般的な保育所や保育園などとの違いは、少人数制で自宅などのスペースを利用してお子さんを預かるいわゆる在宅保育ということです。

 

都市部では保育所に入所することを希望していますのに、なかなか希望通りに入所することができなくて待機児童となっているお子さんの数が年々増えていることや、家庭的な雰囲気でのびのびとお子さんを預かってもらえるということで保育ママのニーズが高まっています。

 

少人数制なので細かい部分までしっかりお子さんを保育してもらえるという安心感が人気の秘密となっているのでしょう。

 

保育ママは家庭福祉員とも呼ばれており、地方自治体によって制度が異なっています。

 

保育ママの制度そのものがないという地域もありますし、保育料も地域によってまちまちです。

 

保育ママの仕事は、やりたいからと言ってすぐに始められる仕事ではありません、ほとんどの場合、自治体ごとに行われている研修を受け、保育ママとして認定されないと、保育ママとしての仕事をすることができません、また、それなりの資格や、条件を満たしていないと認定されない自治体もあります。

 

その際の条件として、保育士や幼稚園教諭、看護師などの資格があること、子供の育児経験があること、年齢制限などが設定されていますが、自治体によってその条件が異なりますので確認が必要です。

 

また、お子さんを預かるために十分なスペースが自宅にあるということも条件となります。

 

スポンサードリンク