スポンサードリンク

労働時間はどれくらい

保育ママいわゆる家庭福祉員のニーズは年々高まっており、制度を導入する自治体も増えてきています。

 

保育ママの仕事に関心があるという方も増えていますが、気になるのが労働時間ではないでしょうか、そこで、保育ママの労働時間について調べてみました。

 

自治体によって制度が異なりますので、労働時間もどの程度になるのかは違う場合がありますが、ほとんどの場合は8時間になるかと思います。

 

これはお仕事などで大切なお子さんを預ける親御さんの労働時間が8時間程度となることから、保育ママも同じくらいの時間となるでしょう。

 

親御さんの都合で、約束の時間までも迎えに来られない場合は延長保育となる場合もあります。

 

また、休日に関しては日曜、祝祭日はお休みとなる場合が多いようです。

 

土曜日に関しては、完全にお休みの場合もありますし、半日程度お預かりする場合もあるようです。

 

年末年始に関してもお休みとなるところが多く、ゴールデンウィークなどの大型連休に関しては地域によって扱いがまちまちのようです。

 

保育ママが病気や慶弔などの理由でやむを得なくお休みとなる場合もあります。

 

できるだけ規定の休日以外はいつでもお子さんを預かることが大前提となりますので、保育ママの仕事をする場合はそれなりの覚悟が必要となります。

 

子育ての経験者なら、とても大変な仕事だと言うことをご存じだと思います、ただ、かわいい子供が成長するのを見守ることができるとても素晴らしい、また、やりがいのある仕事だといえるでしょう。

 

自治体に認定されたという自信と他人のお子さんの将来を担うのだという責任感、そして保育ママとしての信念を持って、ぜひ頑張っていただけたらと思います。

 

スポンサードリンク