スポンサードリンク

保育所と、どう違うの

保育ママと保育所はお子さんを保護者に代わって保育するという点では同じですが、違う点も幾つかあります。

 

最も大きな違いは、保育ママは一人から三人という少人数のお子さんを保育ママ一人が自宅で預かるというスタイルに対し、保育所はたくさんの子供たちを複数の保育士が預かっています。

 

保育所はたくさんの子供がいますので、すぐに風邪などの病気が流行しやすく、子供に感染してしまいやすいという環境にあります。

 

子供が熱を出せば保育所をお休みしなければいけませんので、保護者も仕事を休まなければなりません。

 

保育ママの場合は預かる子供が少ないですので、このような心配が少ないかもしれません。

 

保護者にとってみますと、保育ママの場合は家庭的な雰囲気で子供を育ててもらえるのが有り難いという思いや、子供が急に体調を崩した時にもすぐに気がついてもらえるという安心感があります。

 

よりきめ細かい保育をしてもらえることが何よりのメリットと感じているようです。

 

また、保育ママの方が利用料金が安いことも人気の要因となっています。

 

保育所の場合は3歳未満児の保育料金が割高になっていたり、保護者の年収によって料金が異なったりと、保護者の大きな負担となっているようです。

 

保育所も保育ママもどちらにもメリット、デメリットがありますが、大切に子供を預かってもらえる環境は保護者にとって大変有り難いものです。

 

保護者の代わりにたっぷりと愛情を注(そそ)いであげて、子供の成長を見守っていただきたいと思います。

 

スポンサードリンク