スポンサードリンク

病気の子供も預かるの

まだ幼い子供を仕事や病気のために保育することが難しい保護者にとって、子供が病気に罹(かか)ってしまうことはできるだけ避けたいものです。

 

大勢の子供がいる保育所などでは、風邪やインフルエンザ、はしかなどが流行しやすいので誰(だれ)かがこれらの病気に罹ってしまうと周りの子供たちにまで感染してしまうことになります。

 

通常、保育所ではこのような病気が流行したり、子供が高熱を出したりすると更に感染が拡大することを避けるため、お子さんを預かることができなくなってしまいます。

 

保護者も本来なら子供をつきっきりで看病してあげたいところですが、なかなか仕事を休むわけにはいかないことが多く、やむを得ず仕事を休むなどの対応をしなければいけないため都合が悪いことが多くなります。

 

できるだけ仕事を休まないためにも、病気の子供でも預かってもらえると保護者にとって大変助かるものです。

 

このような保護者のニーズに対応できるよう、保育ママでは子供が病気でも対応してもらえるところが多くなっています。

 

病気に罹っているお子さんを預かる病児保育や、病気が回復してきているがまだ全快には至っていない期間にも預かる病後児保育を行っているところがあります。

 

このように病気中の子供でも対応してもらえますと、保護者にとってみれば本当に有り難いもので、安心して仕事に専念できます。

 

これからも全国的に保育ママ制度が広がり、子育てがしやすい環境が整えば少子化傾向も改善されるのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク