スポンサードリンク

マイクロソフト認定システムエンジニア

マイクロソフト認定システムエンジニア(MCSE)は、システムエンジニアトラック最上位資格であり、さまざまな企業で必要とされる技術資格です。

 

マイクロソフト認定システムエンジニア(MCSE)は、マイクロソフトが認定するシステムエンジニアトラックの最上位資格です。

 

マイクロソフト Windows OS・ Server をプラットフォームとするインフラストラクチャの設計、実装スキルに関する資格です。

 

Windows Server 2003トラックのMCSE資格には、7科目の合格が必要です。

 

必須科目と、選択科目で構成され、ソリューションデザインと実装の技術的な習熟度と専門的な技能を、信頼性の高い規準に基づいて評価します。

 

マイクロソフト認定システムエンジニア(MCSE)資格を目指す場合、ネットワークオペレーティングシステムとデスクトップ オペレーティングシステムの実装と管理についての知識が必要とされます。

 

また、Windows 2000トラックのMCSEには、最新トラック(Windows Server 2003)のマイクロソフト認定システムエンジニア(MCSE)資格取得のために、「Windows 2000トラックのMCSE取得者向けのアップグレード試験(2科目)」が用意されています。

 

試験を受けるにはMicrosoft Windows Server 2003 をプラットフォームとするシステムについて、計画から保守、管理までシステム構築の一連の流れにかかわった経験がある。

 

または、マイクロソフト製品を利用した業務ソリューションについて、計画、実装、分析などの経験があるなどの条件をクリヤーする必要があります。

 

試験時間は160分で受験料は15,750円になります。試験は毎週月曜から土曜日まで、全国の試験会場で受験できます。

 

関連情報:マイクロソフト認定システムエンジニア(MCSE)

マイクロソフト認定システムエンジニア関連ページ

シスコ技術者認定資格
オラクル認定資格制度
CADの認定資格

スポンサードリンク