スポンサードリンク

女性の仕事と家事の両立について

結婚を考えるほとんどの女性は、子育てや家事などの作業を夫と分担しながら仕事と家事を両立させたいと思っているようです。

 

家を買うための資金や、海外旅行などに行くための資金に回せるお金も増えるので、共働きをしたいと考える女性が多く、安定した収入を獲得でき、ある程度は裕福な暮らしをすることができることから男性の中にも歓迎している人もいるようです。

 

共働きを考えている女性は、独り暮らしや自炊の経験があり、仕事と家のことをある程度は両立できる男性を結婚相手の条件に考えるのではないでしょうか。

 

結婚後も働きたいと考えている女性と、一緒になった男性は、掃除や洗濯、炊事の経験がなければ、家事の能力をつける努力をする必要があります。

 

一緒に暮らす前に、協力し合って暮らしていくための作業分担は決めておきましょう。

 

家事の作業分担を決めておくことも大切なことですが、もう1つ大切なのは育児についてです。

 

近年の日本では少子高齢化の対策のため、仕事を持つ女性を応援するサービスが増えていますが、育児に対する女性の負担は大きいものです。

 

男性に対する女性の愛情は出産後1年で低下するというニュースが話題になりました。

 

仕事に疲れているからと子育てを手伝おうとせず、女性の育児を傍観しているだけの男性には、女性も愛情を抱けないかもしれません。

 

女性が出産、産休を経て職場に復帰しても、家事や育児に男性が協力的でなければ、身体的にも精神的にもストレスの原因となります。

 

家事と仕事の両立だけでなく、育児も女性1人でやっていくことは、簡単なことではありません、しかし、男性が家事と仕事の両立の難しさを理解し協力してくれれば、苦労も半減し続けていけるのではないでしょうか。

スポンサードリンク