スポンサードリンク

女性の仕事パート社員とは

結婚により退職した女性や育児に忙しい女性が家計の足しにと空いた時間で行う仕事に、在宅ワークがあります。

 

しかし、ほとんどの在宅ワークに取り込む女性は、5年前後でやめてしまい、在宅ワーク以外の働き先を探すことが多いようです。

 

自宅で、比較的簡単に取り組める在宅ワークは、収入が労力の割に良くないという現実があります。

 

パートやアルバイトなどは、在宅ワークに比べると収入がいいことが多いので、育児に手を取られる時間が少なくなる頃から、パートなど働きに出る女性が増えています。

 

パートで働く場合、働く時間が、長時間になることがなく、家事や育児に支障をきたさない程度の労働時間で働ける会社が多いようです。

 

出産直後や幼児期ほど手が掛からなくなったとしても、子供が小学校に通っている間くらいは、子供が帰って来る時間には、家にいて迎えてやりたいとか、子供や家族が休みの日には、家にいたいという女性にとって、パートタイマーという仕事はうってつけの形態の仕事と言えます。

 

パートの仕事は、家事や子供を持つ女性にとってはありがたい形態の仕事ですが、仕事をする際に考慮しておくことがあります。

 

結婚することで、自分以外の人が世帯主となった女性がパートやアルバイトなど、仕事をする際、年収が一定金額を超えると課税対象となるので、収入は一定金額以内に留めた方が得策だと言うことがあります。

 

世帯主でない女性が働くことで得た収入によっては、所得税や住民税など税金が掛かってきたり、世帯主の収入による扶養控除などに影響があるからです。

 

税金や控除などを考慮して、最終的に世帯全体の年収が増えるのか減るのかを見極めて仕事をしないと、扶養家族だった女性が扶養でなくなれば税金が高くなり、健康保険の扱いも変わってしまいます。

 

女性が、パートなどをしてどの程度の収入を見込むのかは、将来設計や現在の生活状況でも変わってきますが、パート社員として仕事をすることで得られる収入によっては、税金や保険などに影響の出ることまで考えるようにしましょう。

スポンサードリンク