スポンサードリンク

現代社会の仕事によるストレス

ストレス社会ともいわれている、現代社会のストレスについてのページです。

 

現代社会では、仕事によるストレスを感じない人はほとんどいないといわれています。

 

仕事上での精神的疲労やストレスを感じている人は、半数以上いることが、総理府の調査で判明しています。

 

特に、20代後半の女性にストレスを抱えている人が多く、7割以上がストレスを抱えていることがわかっています。

 

残りの3割の人には全くストレスがないのかというと、そんなことはありません。

 

あまりにも仕事が忙しすぎることで、自分自身のストレスに気づいていないと言うことがあるようです。

 

大手の企業の中には、社内に専任の心理カウンセラーを置くことで、仕事上の悩みを相談するなどストレスを緩和できるように考慮している企業もあるようです。

 

仕事が忙しいからと頑張りすぎる人の中には、ストレスなど溜まっていないと思っている人が意外に多いようですが、突然大きな病気に掛かっていたことが判明したなどということは、仕事を頑張りすぎてしまう人には、あり得ることではないでしょうか。

 

仕事に対して責任感が強く、一生懸命に頑張る人ほど、自分自身では気づかない内に、ストレスにさらされているのではないでしょうか。

 

仕事を頑張る人ほど、早く、自分にストレスが溜まっていることに気づいき、少しでも解消する事が大切なのです。

 

仕事に対する責任感があまりなく、休暇を適当に取ったり、仕事のペースを落としたり、少し頑張ると直ぐにストレスが溜まると弱音を吐いたり、仕事を一生懸命頑張るという姿勢のあまりない人ほど、上手にストレスが溜まらないようにしているのではないでしょうか。

 

ストレスが溜まって病気になってしまっては、今まで頑張ってやっていた仕事もできなくなってしまうことも考えられます。

 

ストレスを溜めないためにも、頑張りすぎには注意しましょう。

スポンサードリンク