スポンサードリンク

海外就職の英文履歴書について

もし海外で就職を希望しているのなら、知っておくべきことがいろいろあります。

 

日本では常識でも、海外では非常識といったことも多々あります。

 

海外で就職活動を行ってから知らなかったでは済まないこともあります、そんな時に慌てることのないように就職先の国の習慣や常識を色々と知っておく必要があります。

 

日本には決まった書式の履歴書がありますが、海外には決められた書式がないという国がほとんどのようですが、英文による履歴書は必須といえます。

 

海外就職で必要となる英文履歴書では決まった様式がない分、自分自身をしっかりとアピールする必要があり、海外での履歴書に当たるものはレジュメとも呼ばれ日本の履歴書とはかなり違います。

 

海外で就職活動しようとしている人にとって臆病風は絶対にいけないものです。

 

日本のように謙虚さが評価されると言うことはまずありませんので、自分の実力がダイレクトに伝わるような、簡潔な履歴書を作ることが大切です。

 

海外で就職活動をする場合、英文履歴書にカバーレターを添えるということが一般的となっています。

 

カバーレターには決められた形態がありませんが、カバーレターを添付する目的は自分をアピールすることなので、自分が相手先の企業にとっていかに必要かをアピールすることが効果的なカバーレターの書き方です。

 

海外では、履歴書もカバーレターも形式は決まった様式がないとはいえ、一応、マニュアルがあったり、履歴書を代行して作成してくれる業者もありますので、英文履歴書で検索して参考にすることも必要です。

 

日本では良いとされる謙虚さは、海外就職にはほとんど役に立ちません。

 

それどころか謙虚な態度は消極的と受け取られ、マイナスイメージを与えてしまうこともあります。

 

海外就職には、謙虚さではなく、社交性が大変重要となります。

 

日本人にありがちな、謙虚で大人しいタイプだという方は、海外就職に関しては謙虚さを捨て、自信過剰なくらい積極的にアピールすることを心掛けても良いでしょう。

スポンサードリンク