スポンサードリンク

海外就職関連悪質商法

海外への就職を希望する人が増え、海外就職の人気が高まるとともに悪質な就職商法が増えてきていることに注意しなくてはいけません。

 

海外に就職することだけに気が取られ、悪質な業者に騙されて痛い目に合わないように気をつけましょう。

 

就職商法のひとつに、海外就職に応募したはずなのに、ホームステイや旅行の勧誘メールばかりが届く、面接商法と呼ばれる悪質な商法があります。

 

海外就職の面接のはずが、語学スクールの勧誘をされたなど、海外企業の就職面接を偽った悪徳商法もあるようです。

 

面接時に、おかしいなと感じたら、その場をすぐに立ち去ることが必要です、中にはしつこく勧誘してくるようなこともあるので、専門機関に相談して対処することが望ましいでしょう。

 

悪質な商法の中には、試用商法といわれるものもあります。

 

試用商法は、試用期間という理由で正規の賃金よりはるかに安い賃金で働かせ、試用期間後、正式雇用するに当たり、なんらかの理由を付けて雇用しないという商法です。

 

試用期間中であれば企業側から解雇することも可能ですが、企業側に正規雇用の意志が無いまま労働者を採用し試用期間中だけ働かせ使い捨てのように扱うのは違法です。

 

査証商法という悪徳商法にも注意しましょう。

 

実際に海外に就職する場合は、雇用主である企業が就労査証の取得費用を支払うものですが、悪質な業者は、求職者側に通常よりもはるかに高い金額を提示し、支払いを迫ってくることがあります。

 

今後、海外就職を検討されている人は、悪質商法についての情報をしっかり収集し、把握しておくことで騙されないように気をつけましょう。

スポンサードリンク